適当に選ぶと失敗するかも?貸倉庫の選び方

使用用途を明確にしておくことが大切

貸倉庫の選び方のポイントとして挙げられているのは、使用用途を明確にしておくことです。貸倉庫の使用用途としては工業用にしたり営業所にする、店舗として利用するなど様々なものが挙げられます。それに伴って必要となる貸倉庫のサイズや種類が異なってくるため、仲介業者などを利用する時にもしっかり使用用途を伝えておくことが必要です。仲介業者を利用しない場合は貸主に対してどのような用途で使いたいと思っているか相談し、貸主の持っている倉庫が適しているのか確認する作業が求められます。

この時使用用途が曖昧だと貸主や仲介業者も適切な貸倉庫を提供できないので、きちんと自分たちの中で使用用途を明確にしておくことが重要になります。

利用するエリアの選び方

貸倉庫を選ぶ際に重要なのは、倉庫の立地や使用用途だけではなく、貸倉庫のあるエリアも同じです。例えばとある地域への出庫がメインとなる場合は、その地域内はもちろん、その周辺のエリアも対象にして貸倉庫を探すことになります。ただここでポイントとなるのは、倉庫までの物理的な距離で考えるだけではなく、幹線道路が整備されているかどうかも確認することです。どんなに物理的な距離が近くても幹線道路が整備されていないと遠回りしなければいけない可能性がありますし、道路の状況によっては遠方のエリアの貸倉庫を利用した方がいいというケースもあります。

このように地図上の物理的な距離と実際の距離が異なっている可能性があるので、実際に内見して確認する作業を含めてエリアを選ぶことが必要です。

一般的な定義としては、生産者が、商品を消費者まで届けることを意味します。物流は、あくまで物理的な移動の意味合いになります。流通は、情報の概念も加わる為、より広義な概念となります。