必須ではないが取りつけると自作PCの寿命をのばせるかもしれないパーツ

フロントファンをつけるとPC全体の温度を下げられる

パソコンを自作するにあたって、取りつけなくても問題ないものの、取りつけておくとパソコンの寿命をのばせる可能性があるものがいくつかあります。まずはケースのフロント側につけるファンです。パソコンを利用するとケース内に熱が発生します。この熱を逃がすために、ケースのリア側には最初からファンがつけられているのですが、自作用のPCケースの場合、フロント側にはファンはつけられていないことが多いです。しかし、装着することによってケース前方から空気を取り込み、後方から排気することになり、リア側にしかファンがない場合よりもケース内部を冷やすことができるのです。

性能のいいCPUファンを取りつければ静音も期待できる

CPUファンもパーツ寿命を長くできる可能性を生むパーツのひとつです。CPUを新品で購入した場合、CPUファンもついてくることが一般的ですが、こうした純正ファンの性能は最低限ということが多く、CPUの温度をもっと下げたい場合はファンだけ別に購入した方がいいでしょう。性能のいいCPUファンの場合、純正ファンよりもCPUの温度を下げられるだけではなく、動作音も静かなことが多いです。CPUの温度が下がればケース内部の温度も下がる可能性が高く、CPU以外のパーツへのダメージも減らせることが期待できます。

記憶媒体は可動部品のないSSDに

記憶媒体はハードディスクが大容量で安いのですが、データの保存先はオンラインストレージで済ませるというのであれば、SSDにしてもいいでしょう。一般的にSSDは可動部品がないため、ハードディスクよりも長く使えるといわれています。また、ハードディスクと比べると低電力で動作するので、電源の寿命をのばせることが期待できるでしょう。

プリント基板設計は電子部品の中に埋め込まれているもので、基礎のような役割を果たしています。電源部分に必要な基板や、高速回路基板やアナログ基板など様々な種類があります。